お薦め

墓地の使用規定には,どんなものがあるか?

通常、お寺や霊園には墓地使用規則が設けられています。
お寺や霊園によって墓地使用規則は違いますので、
ご自分が購入したいと思っているところの規則はきちんと確認してください。

この規則に当てはまらなければ永代使用権を付与してもらうことはできませんし、
また違反したと見なされた場合は土地の返還を求められることもあります。

墓地使用規則で特に注意しなければならないのは、
「宗教・宗派の規定」と「永代使用権を獲得してから墓石を建てなければいけない期限」、
「管理費の支払い方法」、「石材店や墓石の種類の指定の有無」、
「納骨する遺骨の有無」、「永代使用権が取り消される条件」です。

宗教・宗派の規定は主にお寺などで規定されていることが多いです。
公営・民間の霊園では宗教や宗派は問われることはほとんどありません。

土地をかりて数か月以内には遺骨がなくても、
墓石を建てなければならないと定めているところもあるので注意してください。
管理費は3年分を前納しなければならないところもあれば、
1年分を一括で払わなければならないところもあります。

石材店や墓石の種類などが規定されていた場合はそれに従わなければいけません。
この規則は特に民間の霊園で指定されていることが多いようです。

また、隣のお墓との境界をはっきりさせるために、境界としての石の設置を義務付けられている場合もあります。
公営の墓地の場合は納骨する遺骨がないと永代使用権を購入することができないところが多いです。

永代使用権は使用規則を守っていれば基本的にはく奪されることはないのですが、
管理費の支払いが滞った場合などは永代使用権を取り消されることがあります。
また、墓石ローンで永代使用権を購入したり管理費を払っていたりした場合は、
ローン返済が滞ると永代使用権がはく奪されることもあります。

墓地使用規則はお寺や霊園によって様々ですし、違反した場合の処罰の仕方もそれぞれです。
以前使用していたお寺では大丈夫だったからと規則に違反する場合もありますので、
お墓を建てたり分骨したりするときはその都度墓地使用規則を読み込むことが大切です。
こちらのお墓の「墓相」についての解説も大変興味深いので、ぜひご覧になってみてください。