お薦め

会員制共同墓

お墓は代々子孫が供養するものでしたが、
少子化の現代ではお墓の継承者がいない方も多いため、
お寺等で供養してくれる合葬墓の需要が高まっています。

合葬墓は主に寺院や施設などが子孫に代わって供養するもので、
みんなで一つのお墓に入るため、墓代がかかりません。
また、使用料も比較的安いのも特徴です。

お寺にもよりますが、基本的に宗教や宗派を問いません。
稀にそのお寺に改宗しないといけない場合もありますので、事前に調べることをお勧めします。

※合葬墓は永代供養墓のことですが、永代供養墓は仏教的な意味合いを含むので、
公営や民間の施設では合葬墓と呼ぶことが多いです。

合葬墓には「堂内陵墓」、「納骨堂」、「会員制墓」などいくつか種類があります。
堂内陵墓は室内に作られているお墓のことで、
天候や気温に左右されることなくお墓参りができ、掃除にも手間が掛かりません。

納骨堂も室内に作られるお墓ですが、
通常のお墓と同じ形態の堂内陵墓とは違い、ロッカー式になっています。
以前はお墓ができるまでの一時的な安置所としての役割があったのですが、
近年は永代の墓として利用する方も増えてきています。

会員制の共同墓も人気です。
こちらは生前に申し込みをするのが大前提で、
生前に会員同士で交流を深めながら墓の手入れをし、
死後は他の会員の方に供養してもらうというものです。
永代供養墓を扱っているお寺でも最近この会員制の共同墓が増えてきています。

葬儀も一緒に行っているところもあります。
会員制共同墓は永代のところもあれば、期限付きのところもあるので注意してください。
共同墓などでは墓石は一つなので、個人名は記載されずに「共同墓地」と彫られるところが多いです。

会員制の共同墓の一番の魅力は、他の会員の方と交流ができるという点だと思います。
いずれは同じお墓に入る仲間である方たちと生前に仲良くできるのは嬉しいですし、
また先に入っている方の供養もできるのもいいですよね。