お薦め

墓地の一区画は決まっているか?

お墓の一区画の単位は㎡で記載されているところが多いですが、
一聖地や一霊地という単位で表記されていることもあります。
一聖地や一霊地は90センチ×90センチ、約0.81㎡となっているのが一般的です。

お墓の一般的な大きさは地域によって差があります。
なぜなら、その地域独自の風習やならわしが伝えられているからです。

東京や大阪などのあまり土地のない大都市だと、一区画は大体1㎡から1,5㎡であることが多いです。
お寺や霊園のHPやパンフレットなどで一区画分の料金が記載されていても、一区画毎に販売しているとは限りません。
最小単位が二区画であることもあるので、実際に問い合わせて確認した方がいいでしょう。

お墓の一区画はお墓を建てるお寺や霊園などにより違います。
ですので、お墓を建てたいと思うところに直接確かめるのが一番です。
墓石の大きさは通常8寸(24センチ)ほどのものが主流です。

お墓を建てるとき、「洋風のお墓がいい」などの拘りがない場合は、
景観に配慮して周りのお墓と同じくらいの大きさのものを勧められます。
そういう場合は大抵お寺や霊園などでの最小単位で敷地でも支障なく建てられます。

しかし、卒塔婆や手水鉢など付属石製品を置く場合は入りきらない場合があるので、
サイズなどを確認しながらかりる土地の大きさを決めた方がいいでしょう。
土地が狭くなったりお墓の数が増えたりして昔に比べて墓石のサイズが小さくなったといわれています。
サイズが小さくなったら遺骨が入らなくなったらどうするのかと疑問に思われる方もいるかもしれません。

遺骨が納骨室に入りきらなくなった場合は、古い遺骨をその手前の土に還すか、
納骨室を2段や3段にして面積を増やす方法があります。
すでに建っているお墓の納骨室を増やすことはできますが、
大規模な工事になってしまうのでお値段もかなりかかることになります。

その場合は墓石ローンなども使用できるので、石材店に相談してください。