お薦め

永代使用料

通常、お寺や霊園でお墓を購入する際に「永代使用料」を払います。

勘違いをしている方が多いのですが、
この永代使用料は「お墓を永代使用できる権利(永代使用権)を購入する費用」であり、
土地を購入したわけではありません。
こちらのお墓の維持費についての解説ページもわかりやすいので、ぜひご覧になってみてください。

土地の所有権は管理者であり事業主であるお寺や霊園にあります。
私たちが購入する永代使用権は一度払えばお墓の名義人が変わっても払う必要はないのですが、
何らかの理由でお墓を移ることになり解約しても永代使用料は返ってきません。

一部のお寺や霊園ではお墓の名義人は子孫のみなど、
継承する範囲が決まっている場合があるので、事前に確認しておくのがいいでしょう。
永代使用権は子孫に相続することができますが、相続税の対象外です。

土地を永代に使用できる権利を買っただけで土地そのものを買ったわけではないので、
第三者に売ったり貸したりすることはできません。

永代使用料は一律ではなく、お寺や霊園によっても違いますし、
同じお寺や霊園でも方角や日当たりなどによっても違ってくる場合もあります。

お墓の購入費用としてこの永代使用料のみを掲載しているところもあります。
お墓を建てる場合には別途墓石代や墓石の工事費などが掛かりますで、
購入前に墓石代なども含まれた料金であるか確認することをおすすめします。

永代使用権を所有する人は毎年管理料を払う義務が生じます。
この管理料はお寺や霊園を維持するために使われます。
水道料金や電気料金、清掃代などは管理料によって支払われています。
清掃代は通路や共同スペースなどの清掃に使用されます。

個人のお墓は清掃の対象外になりますので、お墓はその名義人等が清掃しなければなりません。
この管理料の支払いが滞ると、永代使用権をはく奪され、
お墓は無縁墓となってしまいますので、支払忘れることのないよう注意が必要です。
無縁墓と認定されると、お墓の遺骨はそのお寺や霊園の無縁供養塔などに納められ、他の遺骨と合祀されます。