お薦め

分骨,散骨

最近は遺骨を山や海に撒く散骨(自然葬)が人気です。
お墓を守る人がいない、自然に還りたい等理由は人それぞれです。

散骨をするにはいくつかの注意点があります。
そのままの形では散骨せず、必ず粉砕して周囲の人たちへ配慮すること、
他人の所有地で撒く時は必ず承諾を得ること(無許可で散骨すると違法行為となります)、
環境に配慮することの3つです。

粉砕は業者に頼むのですが、その場合火葬許可書が必要になる場合もあります。
散骨は法律に触れるのではないかと心配されている方もいるかと思います。

以前から「埋葬又は焼骨の埋蔵は墓地以外の区域にこれを行ってはならない」という墓理法と、
刑法190条の遺骨遺棄罪に当たるのではないかと懸念されてきました。

これに墓理法の管轄である厚生省は「散骨は対象外」という見解をだし、
刑法の管轄である法務省も「周囲の人や環境に配慮するなど節度を持って散骨すれば対象外である」と見解をだしています。
これはあくまで「散骨は想定外だったため、刑罰の対象にはならない」という見解であり、
必ずしも合法というわけではないことは留意してください。

核家族化が進む昨今、分骨をする方も増えています。
分骨とは遺骨の一部を違う場所(お墓や自宅など)に保管することを言います。

先の散骨も分骨の一種です。
分骨はお墓に納骨されている遺骨を分骨する場合と火葬後に分ける場合、
お墓に納骨する前に分骨する場合によって方法が違います。
すでにお墓に納骨している遺骨を分骨する時は、墓地の管理者に分骨証明書を発行してもらう必要があります。

実際に遺骨をお墓から取り出す作業は一般人では難しいので、石材店にお願いします。
石材店にお墓を動かしてもらう費用は大体2,3万ほどかかります。
その後、分骨先の墓地の管理者に証明書を渡して納骨します。

火葬後に分骨する場合は事前に火葬場に伝えなくてはいけません。
骨上げの際に用意しておいた分骨用の骨壷に遺骨を入れます。

お墓を納骨する時に分骨する場合は墓地の管理人に伝えておきます。
こちらのお墓にかける予算の設定のページも、ぜひご覧になってみてください。