お薦め

お墓の売買や賃貸はできるか?

お墓は墓埋法という法律で建てることが定められているのは、
「墓地として都道府県知事の許可を受けた地域」のみとなっています。

自宅の庭などの敷地内は墓地として、
都道府県知事の認可を受けられませんので、お墓を建てることはできません。
なので、お墓はお寺や公営・民間の霊園で建てます。

お寺や霊園に建てる場合は「永代使用料」を払います。
この永代使用料は子孫が続く限りその土地を使用できる権利であり、
土地を購入したわけではありません。
あくまで土地はお寺や霊園の管理者のものです。
ですので、他人にお墓を譲渡したり売買することはできません。
もし譲渡や売買行為を行った場合、違法行為となりますし、永代使用権もはく奪されます。

どうしてもお墓を管理してほしい人がいる場合は、
その方にお墓の名義人になってもらうことはできます。
この場合はお墓の名義人が遺言で指名し、
遺族と指名された本人が承諾すればその方をお墓の名義人とすることができます。
ですが名義人となれば毎年管理料がかかります。

血のつながりのない他人であれば、
名義人の死後に遺言を残して継承してもらう以外方法はないのですが、
3頭親以内の親族でしたら生前でも譲渡が可能です。
その場合も譲渡する本人と名義人、他の親戚の人たちの承諾が不可欠です。

また、墓地使用権譲渡申請をしなければいけません。
継承する人の住民票抄本や名義人の墓地使用権証明書、
名義人と継承者の関係を記載した戸籍謄本などの書類が必要になります。
不要となった墓石を売りたいという方もいますが、通常墓石は中古販売はされません。

古くなった墓石を研磨して再利用することはありますが、
それはあくまでその家系が使っていたものをリフォームするだけで、
他家のものを使用することはありえません。
古い墓石は大抵石材店に引き取られ、産業廃棄物として処理されます。

墓石は長い時間その家のご先祖たちが眠っていたものなので、
古い墓石を捨てずに仏像として再利用する石材店もあります。